ED治療薬選びでメーカーは重要

バリフ20mg最近では、ED治療薬業界の中でバリフ(valif)という医薬品が有名になってきているようです。

ED治療薬といえば、バイアグラやシアリスやレビトラが世界的に有名ですが、最近ではジェネリック医薬品が浸透してきた影響で先発医薬品の売り上げが落ちてきているようです。

先発医薬品と後発医薬品(ジェネリック医薬品)とであきらかに違うところといえば値段だと思います。

後発医薬品(ジェネリック医薬品)の場合ですと先発医薬品の半分以下の値段で購入することができますので、さすがに知名度がある先発医薬品でも影響がでちゃうんでしょうね。

中には値段が安すぎるという理由で後発医薬品(ジェネリック医薬品)を嫌う人もいるようです。

しかし、後発医薬品(ジェネリック医薬品)は先発医薬品と同成分を使って製造されているので効果に関してはほぼ同じと考えて大丈夫でしょう。

値段を安くできる理由は開発までの費用があるか無いかの違いです。

先発医薬品は開発から製造までに莫大の費用がかかりますが、後発医薬品(ジェネリック医薬品)は製造するだけなのでかなり費用を削減できるのです。

最近注目されているED治療薬のバリフ(valif)も、先発医薬品のレビトラの後発医薬品(ジェネリック医薬品)になります。

レビトラが人気の理由としては、勃起を促すまでの時間が早いという点と他のED治療薬に比べて服用する際に食事の影響を受けにくいという点だと思います。

ED治療薬は相手の女性に使用していることを知られないで上手く服用したいと考えている男性が多いです。

食事の影響を受けて効果が半減してしまったりすることを考えると、服用するタイミングを計りながらデートなどをしなければいけません。

そういった面倒をはぶいてくれるED治療薬がレビトラなので、その後発医薬品(ジェネリック医薬品)のバリフ(valif)も人気があるようです。

しかも、バリフ(valif)はインドの医療メーカーで最大手のアジャンタファーマ社(AJANTA PHARMA LIMITED)が製造しているのです。

インドの医療メーカー

アジャンタファーマ社(AJANTA PHARMA LIMITED)は世界25ヶ国以上に市場があり、取り扱っている医薬品に対しての信頼度も絶大です。

バリフ(valif)以外ではバイアグラの後発医薬品(ジェネリック医薬品)として世界的に有名なカマグラも製造している医療メーカーなのです。

こういった製造元であれば後発医薬品(ジェネリック医薬品)も安心して利用ができますので試してみてはいかがでしょうか。

バリフの効果

バリフ20mg勃起不全治療薬であるレビトラのジェネリック医薬品です。
先発品であるレビトラの添付文書によると効能・効果として「勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ない患者)」となっています。

その効果については、服用から45分程度で体内の血中濃度が最大に達し、5時間ほど持続するとされています。

なお、ジェネリック医薬品は先発医薬品と同一成分、安価であることが知られており人気もありますが、その一方で、添加物等の違いから効果に差が生まれるとの疑念の声もあります。

ではバリフ20mgは先発品後発品で違いがあるのか?という点ですが、安心してください。私の調べた限りは効果差が示されるようなものはありませんでした。

バリフにも個人差がある

上述に繋がるところもありますが、効果の個人差についてです。

どの薬剤(全医薬品)についても一定の割合で個人差が出ることは致し方ないことと考えられますが、本薬剤については先発医薬品(レビトラ)の添付文書によれば、服用から45分程度で体内の血中濃度が最大に達し、その後4時間程度で体内の薬物血中濃度が半分になることが確認されており、これがスタンダードです。

また各種サイトによる口コミを見てみても大きな個人差はない薬剤であると考えられます。
ただ、服用を検討の方には是非注意いただきたいポイントがあります。それは薬剤の飲み合わせです。

口コミの中には、「効きすぎて、不具合が・・」あるいは「効き悪い」というのもありますが、それぞれ飲み合わせが関わっている可能性もあります。

前者について一般的な方も服用の可能性がある薬剤として、抗菌・抗生物質が考えられますがこの種類がイトラコナゾールと呼ばれるもの、またマクロライド系代表のクラスロマイシンなどはバリフの効果を増強される可能性があります。

また後者についてはてんかん薬の類の薬剤はバリフの効果を弱める可能性があります。このように薬物の飲み合わせも個人差を生む要因ですので、1度確認されてみてはいかがでしょうか。

バリフ医薬品の偽物も流通

勃起不全治療薬には、いくつかのジェネリック医薬品が存在していますが、バリフに限らず偽物が流通しているようです。
日本の医薬品メーカーの調査ではインターネットで入手した約4割が偽造品であることが報告されています。
「勃起不全」というその病状から病院診察を受けての処方入手すること(こちらは国内では先発品に限られますが。)が心理的に嫌だという方も多いことがその一因ではないでしょうか。

また、元々国内ではこれらの薬剤のジェネリック医薬品(シルデナフィルはあり)が販売されておらず、安価を求める層には、インターネットを介すれば、「羞恥心」「安価」とを共に満たすこともでき、そこにつけいる悪徳業者がいることが想像されます。

バリフ購入する方法

では、どのように購入すれば良いか。答えは簡単です。正規ルート、すなわち病院へ通いきちんと医師の処方箋交付を受けての薬物入手が良いと思われます。

とはいえ、心理面、価格面を考慮すると、病院への足も重たくなる方もいらっしゃると思います。

インターネットを介しての購入を検討されるようであれば、きちんと確認した上で購入してください。

先の調査によれば、承認されていない用量や表示されている用量とは異なる成分量が含有されている偽造品も流通しているようですので、まずはこの点を可能な限り商品ページでチェックすること。

また、第三者機関による薬剤鑑定結果が示されているかもチェックすることで、少しでも偽造品購入のリスクを避けることが望ましいと思います。

バリフと他剤の違い(シルデナフィル、タダラフィル)

バリフは「バルデナフィル」という有効成分ですが、勃起不全治療薬には他にもシルデナフィル、タダラフィルという有効成分で、代表的なものにはそれぞれバイアグラ、シアリスという国内の先発医薬品が存在します。

これらとの違いについて、服用検討されている方が気になるポイントとしてはやはり「効果時間」「利便性」かと思いますので、その点について少し触れてみます。

「効果時間」については添付文書上からは、タダラフィル>バルデナフィル(バリフ)≒シルデナフィルと読み取れます。これは単純に薬剤の血中濃度がどの程度の時間保たれているかという側面での比較になります。

「利便性」について、各種添付文書からはバルデナフィル(バリフ)>シルデナフィル>タダラフィルと読み取れます。

少し深耕しますと、実際の服用が必要と判断してからの服用における条件、また効果発現までの時間を指標にしてみます。
食事の有無についてはシルデナフィル以外は不要。

服用タイミングは、いずれも1時間程度前(添付文書上の用法用量)と示されているが、最高血中濃度に達するまでの時間も考慮すると、バルデナフィル(バリフ)は30〜1時間以内、シルデナフィルは1時間程度、タダラフィルは3時間程度と示されており、効果が血中濃度に依存することを前提とすると上述の順番になるかと思います。

総合的に判断すると、バルデナフィルはバランスのとれた薬剤で、人気の理由かもしれません。

インターネット通販サイトくすりの宅配便ではバリフ(valif) 20mg 10錠がED治療薬で売れ筋です!
こちら→レビトラジェネリック通販

更新情報

ページ上に戻る